2007年06月

2007年06月29日

映画「死ぬまでにしたい10のこと。」の内容が、、、。

映画「死ぬまでにしたい10のこと。」を観た。

余命少ない女が10のことを実現させていく。

その中で、夫以外の男の人と付き合ってみる。

そのことがなんだか自分とかぶるものがあり考えてしまう。

その男性が顔もVに少し系統が似てるし、
言葉の端端にも、、聞いたような内容がちらほら見えて、、
彼女に胸の内を告白をする場面は
Vはこれを見て言ったのではないかと思うぐらいだ。

結末は彼女は死んでしまったので、結びつくまでには
行かなかったが、彼の切ない思いがVと重なり、、
最後まで、胸にもやもやしたものが残る。

映画はこれでいいが、、、。
現実ではどうしたらいいのか。
私の余命はまだ少し先までありそうだし、、、。



at 23:12|PermalinkComments(0) diary 

今日はVから電話のある日、、。

今日は午後4時に電話がある。
朝から楽しみにしていた。

「今日は、友達のところから、かけてます。
おてんきは?どう、、。」

「こっちは、雨、、蒸し暑いよ、、。」

「あぁ、イラン おなじね あめです。でもすずっしよ。」
ずっとね、ともだちや、妹ひさしぶりだから、
あちこち、ドライブ行って、くれる。
だいぶ変わって みんなしらないところばかり。」

「いいじゃない、今のうちに ゆっくり、
楽しんでおいでよ。」

「うぅ?ん、たのしは たのしけどぉ、みけちゃんいないから、、。
みけちゃんいたら、、もっとたのし。」

「はやくきって、、お台場からぁ?、でんしゃのってぇ?。」

だんだん、冗談も出てきて、電話の向こうから笑い声が聞こえる。
最後は、いつも同じように
「みけちゃん、マレーシア来たらずっといっしょ、、。」

ったって、、最初からずっといられるほど準備できないよ、、。
それがわかったとき,,Vはなんて言うだろう、、、


at 17:31|PermalinkComments(0) V 

2007年06月28日

離婚届をよく読むと、、姓についてまたまた、、考える、、。

用紙をじっくり見た。
何やら元の姓に戻すかどうかで、、
また違う対応になるらしい。

住所を移すだけでも面倒なのに、
姓が変わるとまたややこしくなるので
今のままでもいいかと思えば、
そうすると旧姓には戻ることが出来ないようだ。

いろいろ考えることがたくさんありすぎ、、。
住所も、新しい住所になってから届け出を
したほうがいいのか、、どうなのか、、。
頭が痛くなりそう。

世の中こんな面倒なもの、、2回も3回も離婚する人いるな、、


at 23:19|PermalinkComments(1) diary 

わが家の娘、、。ここで少しわが家の一人娘について、、。

わが家の娘、、。

ここで少しわが家の一人娘について、、。

小さい時からあまり干渉せずに育ってので,
いつも何かの時は自分で決めていました。

と、いうより 親が何も言わないので自分で進めるしかなかった、、
というほうが合ってるかな。高校受験、専門学校、就職、、。
お小遣いもあげたことがありません。

自分でバイトして、携帯買って、毎月の通話料も自分で払っていました。
だから洋服でも自分のお金だったので何を買っても何も言いませんでした。
少々不似合いな洋服でも、、。

他人からしたら、放任主義ではなくてそれは教育放棄だと
言われたこともありました。
それでも隠し事なく、よく話はしてくれていたので
私はいい子に育っていったと思っています。

高校後半の時には自分でホームページを立ち上げて、
自宅で「エクステ、コーンロウ、、。」
(レゲエの人みたいな髪型)していました。
材料はインターネットでアメリカから取り寄せて、
できた作品は写真に撮って、自分の作品ファイル集に、、。

新潟、、大阪、、いろんな地域の人が来ました。

さすがに他人を家に入れるのでその時は私も家にいましたが、、。

最近までお店の店長でやっていたのですが、

前からデザインも好きでパソコンに取り込んだ自分のものを
プリントアウトしてTシャツや、ジーンズを作って、
今は仕事を辞めて、デザインの専門学校に通っています。

こんな娘なので家でひとりでぼーっとしたいる私を見ると
「お母さん、、楽しい?つまんない人生だね、、。」
とか、、「何が楽しくて生きてるの?」


そして娘の常日頃言っていることは
「お母さん、、私がいるからどうだった、、、。とか、
私のためにこうした、、、。とかは絶対言わないでね。」
なんて言ったりします。




at 19:18|PermalinkComments(0) diary 

2007年06月27日

いともたやすく手に入る離婚届、、、。


近くの出張所に既婚届の用紙を貰いに行った。

窓口でやはり言葉に出すのは少し躊躇する。

思い切って、
「離婚用紙、、、ありますか?」
「はい、、どうぞ。」

「あの、、できたらもう1枚、、。」
「中に2部入っているから大丈夫ですよ。」

簡単に手に入る。

でも、、、
もしこれが決まったら、住所を移すから、
住民票、銀行関係、パスポート、年金、パソコンも私が払っているから
そちらも、、、考えただけで、、
ぐったり疲れそうな作業だ。

みんなこういうものをひとつずつかたずけて先に進むんだ、、。

夫に「離婚」、、、、

  どういう風に受け止めるんだろう。


at 17:46|PermalinkComments(5) diary 
プロフィール

dosetdarm


Jaywalk

記事検索