2006年03月

2006年03月27日

魂燃え

桐野夏生の「魂燃え」を読む。
夫に急に先立たれその後から
10年付き合った女が出てくる。
それからの妻の様子が書かれている。
ずっと信じ続けていた信頼が崩れ落ちる。
責めようと思っても夫はもういない、、。
生きているうちに浮気がわかったほうが良いか、、。
死んでからのほうが良いか、、。
考えてしまう。

今主人は家で無言の日々が続いている。
流石の私も何を考えているのか検討も付かない。
目もあわせない。

そうなると心のどこかで
今もメールして付き合っているから
顔も合わせられないのか、、。
っと変な勘ぐりをしてしまう。

そういう感情からなかなか抜け出せない。



at 19:09|PermalinkComments(1) diary 

2006年03月24日

妻だけど母の様に、、、。

男にとってやはり妻は
母の様に包み込む大きな気持ちでいなければ
ダメなのね。
自分にそんな事出来るかしら、、。
今の私は女そのものになって居る。
ひとりでいるときは自己反省できるのに
夫の顔を見ると
気持ちが逆流してしまう。
向こうも戦闘態勢一杯だもん、、。


at 16:15|PermalinkComments(0) diary 

2006年03月20日

実家では!!

昨日夜に帰りました。
散々母に、毎日のこと夫婦のこと
いろいろ尋問?されました私はなんとこたえていいやら、、
「#$%&$#”’」
憂鬱な帰郷でした。
当分帰らない!!


at 15:37|PermalinkComments(1) diary 

2006年03月17日

実家に帰る

母から電話が来るたび
「少しは家にも帰っておいで、
お墓参りもろくにしないで、、。」
再三言われて今日は実家に行きます。
でもなぁ?
帰ってもいろいろ聞かれると
話したくないし、、。
憂鬱、、、。

でも父のお墓にお参りしましょう、、。
いい報告は出来ないけど、、。



at 15:55|PermalinkComments(0) diary 

2006年03月16日

元にもどりつつ、、、

私さえ気にしなければもとに戻りつつある
そして怖い食欲も出てきた。
今まで何ものどに通らなかったのが
最近は
「グー、グー」
お腹が鳴り食べ物を要求する。
幸せ太りと人は言うけど
悩みの無い人は太りやすい。

でも本当はその油断がいけないんだよね


at 19:59|PermalinkComments(1) diary 
プロフィール

dosetdarm


Jaywalk

記事検索