2010年01月16日

yes


この間「NO」はVもショックなよう。

だけど、、意味が違う。

ほしいもの、、「物」じゃなくて

doing、、行動とか、、話し合い、、とか。
相談とか、、。

そこまでの意味が通じないようで
あれから毎日、、、。

あれこれ、、私の好きな物を買って帰宅する日が続いています。

ヨーグルト、、ヤクルト、、ココナッツジュース
ISETANでサンマやサバの魚にかき揚げ、、、。

「VはNOじゃないよ、、YESマン。
だから無理しないでね、、。」


「ううん、、わたしは、、NO、、だよね、、。」


しばらくこの状態が続きそう。



dosetdarm at 18:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月14日

no

 


私はもういい年をした大人であるし
我を通さなければすべてがうまくいく。

もう何回もそういう経験をしているので黙っていることで
いつも平穏無事な毎日を過ごしています。

V自体、いつも家に一人の私を気にして
最大限にやさしくしてくれます。

それは充分に分かっています。

だけれど、、本当にごくごくたまに「!!」と感じてしまうことも事実。

彼はいつも正しい。
なんでも知っている。

ほんのちょっとしたこと、、
以前の手紙の書き方
(知っている人は、、知っているけど、、)

 

 

 

バスを待っているとき、、なかなかバスが来ません。

「バス停、、変わったかも。」私が言えば、、
「あなた、、この前もここにいたでしょ。バスが来たでしょ。」

強く言ったあと数分後には
「バス停が変わったのかも知れない。」
さっきのことがなかったかのように、、。
自分が先に気がついたかのように言う。

一言
「あなたが言うように変わったのかもしれないね。」

そう言ってくれれば私も気分がいいのに、、。

ほんとうに、、些細なこと。

些細なことだから大きな問題が起こる前に
ちょっとした時の私の気持ちも知ってもらおう、、。

 

「だから、私さっき言ったでしょう。
だけどそういうときは無視して自分のことだけ言う。
大事な時、、なにかあるときには私のことはいつもNO、
そういうでしょ。」

「わたし、NOっていう?」

「そう。」


それ以来Vは急にへこんでしまった。

黙ったまま。


帰りのエレベーターで

「さっきのこと気にしてる?もう、忘れて、、笑って。」


「ほんとうに、、いつもNO?どうすればいいんだ、、。」

 

 


あぁ、、忘れていた。


いつも強いVだけど、、

問題抱えたときには奈落の底に落ちたようにふさぎこんでしまうこと、、。

 


こんなことならやっぱりいうんじゃなかった。

 


ずっと笑っていたいから、、、
ずっと平穏な気持ちでいたいから、、、

 

やっぱり何も言わないほうが自分が幸せになれる。

 

 

 

 

 

 

 

 



dosetdarm at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) V 

2009年12月24日

2年ビザ

今日やっとで2年の滞在ビザが下りました。

「家に帰ってビザケーキ、、おいわいだよ。」

電話の向こうからうれしそうな声が聞こえました。


dosetdarm at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) V 

2009年12月23日

マレーシアのビザ

マレーシアのビザの記事を書いて21日が経っていました。

Vのレストランは総勢100人を超す人が働いて、ほとんどが海外からです。

シェフもイラン料理と言うことでイランから、、。

だからビザのことは総括して委託しているようです。

10月末で切れるビザは9月から事務所で念を押して
お願いしていました。

2回目の2年ビザがなかなか進まず、
再度1か月のビザ申請して2年を申請中。

先週木曜日のこと、、、お昼に入管に来てと呼ばれ

書類を渡され
「ここで番号をもらってきて」
と言われたのでVはもう、ビザが下りた。

と思いました。

長蛇の列で1時間上並びやっとで番がくると

「あなたたちのビザは既に切れて1週間経っている。」

これにはVも言っている意味がわからなく

「??」


やっとの説明で最後のスタンプの日にちが「9」
と言うのはこの日から1週間のビザではなく
この日に切れますよ、、、。ということ、、。


まさかレストランで働いていてビザが切れる2か月前からお願いして
私たちがオーバーステイになるなど努々思ってもいませんでした。


さらに
「オーバーステイ分お金を払ってもう一度並んで、、
でも今日はもう番号はない。
明日は祭日、土、日、4日後の月曜に来て。」

 


ここでこれ以上書くこともしんどい、、、、ですが、、、、。


それ以上にVは、、がっくりしています。

入管の言うことにも驚きですが、、。

ビザの代理人が書類を渡してVになにも告げずに渡して
並ばせたことがVを傷つけます。

 

「わたしは、、嘘は大きらい、、、。

あの人がやっているんだから、私たちのビザが切れているのは
知っているはず、、、

だけど、、なぜそれを言わない?だまって並ばせて、、、。

一生懸命やってビザが切れてもまだ2年ビザがとれないなら、

正直に言って、、

そしたら、それはしょうがない。

でもしってていわないのはいちばん、、きらい。」


そして、、
17日(木)上記の件で気落ちして、、帰宅。
18日(金)祭日  入管休み
19日(土)入管休み
20日(日)休日 入管休み
21日(月)システムダウンで停止
22日(火)ようやく受け付けてもらう。


私たちがオーバーステイだと分かった時点でも一日でも早く
対処したかったのにすでに5日もたってしまってるんです。


月曜日は入管まで2時間以上かかる自宅は、朝6時に出発。

やっとで着くとすでに先週以上の長蛇。

私たちの番になり書類とパスポートを見て

「わかった。でも今はシステムダウン。
コンピューターが使えない。
使えるまで待って。」

P1070416







結局夕方4時になっても復旧できずにイミグレーションを後にしました。


火曜日はさらに早く家を出たにもかかわらず
昨日の影響で着いた時にはすでに朝の番号はないから
午後2時からもう一度並んで。


Vは2時間前から並んで7番目を確保。

ようやく局員がくると一度に人があふれだして順番も何もなく
横から違う職員がVの書類を見て

「これは番号はいらない。
オフィスでお金を払って。」

と言われってはじき出されオフィスに行くと

「何で番号がないんだ。」

そう言われて再度並んだ時には
列の最後になってしまった、、。

 

 

(もぅ、、、書いていても、、辛いよぉ、、、。)


その時に並んでいる列でも職員から出る言葉は一言
「番号はもうない、、明日来て。」

Vはもう、、ふらふらです。


立ち尽くして呆然としているときに
昨日書類を見た中国人が通りかかったので


「excuse me、、、」

もう一度書類を見せて説明すると途中から昨日の受付を
思い出したようで、、机の下から番号を出し、
カウンターまで案内され中の人を呼んで

私たちが支払う金額を確認して

「ここで呼ばれるまで待って」

そういってくれました。


ようやく今日最後の番号をもらうことができました。


毎日、、毎日、、、イミグレーションで8時間、、、。

 


「わたしといっしょだと、、、たいへんだよ、、。

いつもこう、、、。

チャンスはないんだ、、、。、、、、。」

 


「ほんとだね、、みんなが一回でスルーするのに

Vは、、2回、3回、、たいへんだぁ、、。

だけど、、、
最後の最後になぜかいつも助けてくれる人が現れるよね。

大雨で雨宿りしてるとき知らない女の人が
車から傘を2本出して使って、返さなくてもいいからねって言ってくれたり

今日だってあの中国人がここを通らなかったら私たち
また明日もここだったよ。」

 

「それは、、そうだね。

ほんとにあの中国人がいてくれてよかった。


ほんとによかったよ。」






P1070418







カウンターの中の作業、、、進みません。




dosetdarm at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) V 

2009年12月18日

エンシャァッラー

駅で切符を買っていると

両足を包帯で巻いて松葉杖の人がVに、

「X$%&、、I wont チョウキット、、
please my チケット、、、。」

Vはしまったお財布を出して

「チョウキット?」

「イエス」

買って手渡すと、

「thank you」

「welcome」

「are you モスリム?」
と、男の人が聞いた。

「yes、i'm モスリム。」

「エンシャァッラー、、アルハンドリラー
$%&’%$#、、。」

「エンシャァッラー、、。」
とVも返す。

 

 

 


「ねぇ、、Vの顔に
この人は切符買ってくれますって
書いてあるのかなぁ、、、。」

Vは笑って
「だってかわいそうでしょ。
それに、切符だ。
大したお金じゃないよ。」

 

 



dosetdarm at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) V 
プロフィール

dosetdarm


Jaywalk

記事検索